_DSC3910.jpg
image5 - コピー.jpeg

交通事故治療
 

交通事故での外傷は強い衝撃を身体に受けるためムチウチや・背中・腰への痛みだけでなく、骨格の歪みを引き起こします。交通事故でのケガは時間の経過とともに痛みが増してきます。事故をした直後はあまりの衝撃に身体が興奮した状態のため痛みよりも驚きが勝っています。時間の経過とともに興奮が収まりそこで初めて痛みに気づきます。概ね翌日~1週間。遅い人で数ヶ月経ってから症状が出てくる事もあります。症状は、痛み・頭痛・倦怠感やだるさ・筋力の低下・不眠・肩や腰が凝りやすくなるといった症状が出てきます。

事故後はケガの大小に関わらず、早期治療ををおすすめしてます。

自賠責保険適用で、自己負担0円で治療を受ける事ができます。